海外で活動する国際弁護士チームからの約束

『お前がこっち来てやってみろ』
とは言わせません。

夜間・週末の相談にも対応

日本人にしか出来ないやり方が海外にはあります

『郷に入れば郷に従え』
海外取引でも、海外生活でも、大切な処世術のひとつです。
しかし、世界の何処に居ても、日本人であることに変わりありません。(個人も組織も。)
郷に縛られず、日本人であることを忘れなければ、突破口も解決策も見つけられます。

icon1

国際訴訟
海外で訴えられた場合、国内から却下に持ち込める唯一の機会は?

国際契約
交渉を中断しても、署名をしなくても拘束力を持つ契約とは?

海外取引
取引相手の契約違反だけでなく、 自社の違反リスクの管理は?

icon2

DV・児童虐待
親子の帰国を不可能にするかも知れない110番や保護命令書。
何故、警察・カウンセラー・弁護士は説明しないのか?

ハーグ条約・子供の親権
『帰国・里帰り・引っ越しすらできない可能性』を知らずに、『普通の離婚』をすべきか?

事故・逮捕
海外で事故や犯罪に巻き込まれたら?自分が交通事故を起こしたり、逮捕されたら?

icon3

医療ミス
すい臓がん専門医への紹介をかかりつけ医が断ったら?早期発見の検査を勧めなかったら?

認知症
認知症や心の病が原因で、海外で強制入院させられない様にするには?

終活・後見人・遺言書
老後を日本で過ごすために、海外の老人ホームに強制的に入居させられない様に『今』すべきことは?

ごあいさつ

ペンシルバニア州のピッツバーグは『鋼鉄の街』と知られ、斜陽化した鋼鉄産業と伴に『錆(さび)の街』となった過去があります。それでも、『錆の街』はハイテク研究学園都市として奇跡的な転換をしました。さいたま市と姉妹都市であるピッツバーグの“今”は、自動運転を始めとする最先端工学・ハイテク医療が日常にあるスマートシティーとして知られています。

ペンシルバニア州(ピッツバーグ市)とニューヨーク州(ニューヨーク市)を拠点とする当事務所は地方行政・司法関係者と数十年に渡る親密な関係を持ち、一般企業法務だけでなく、行政・犯則調査やホワイトカラー犯罪まで幅広く対応しております。日本人に対する海外訴訟の阻止を含めた国際ビジネス・法務・税務・訴訟・交渉サービスは、日本・米国・カナダ・中米・南米・ヨーロッパ・オセアニア・中東・アフリカ・アジアで展開しております

個人の法律問題は、雇用者が従業員をサポートすることが難しいこともあります。我々は『企業法務』には『従業員と従業員の家族』も含まれるべきと考え、【マチ弁】として各地の日本人コミュニティを包括的に支援しております。

代表弁護士 宮本憲明

無料相談のお問い合わせ

国際弁護士チームによる契約書のレビュー・ウェブサイトの翻訳サポート

地域に根差した中小企業や小規模事業者の方々、
地域産業活性化を支援する商工会や地方自治体の皆様向けに、
❶海外の自治体/商工会/事業者とのネットワーク構築、❷ウェブサイトの翻訳、
❸契約書のレビュー、❹ビザの支援(米国・カナダ・英国・EU)などを提供しております。

日本国内外の案件に対応しております。

業務分野(法人向けの参考例)

地場産業・地方自治体・地方商工会議所の持続的な海外進出だけでなく、
安心できる海外撤退も、ビジネス・法務・税務サービスで支援しております。

地場産業・地方自治体・鋼鉄・鉱山・医療・製薬・ヘルスケア・ロボット工学・ライフサイエンス・情報科学・AI・環境・   サステイナビリティ・コンバージョンテクノロジー・知財・防衛・銀行・証券・信託・アセットマネジメント・フランチャイズ・不動産・コンシューマー・独占禁止法・エンターテイメント・国際訴訟(海外提訴の阻止・妨害)

日本・米国・カナダ・中米・南米・ヨーロッパ・オセアニア・中東・アフリカ・アジア

  • 地場産業支援

  • 地方自治体支援

  • 海外進出/展開

  • スタートアップ支援

  • 相続/事業継承

  • ホワイトカラー犯罪

  • 不祥事

  • 行政/犯則調査

  • コンプライアンス

  • ハラスメント対策

  • 規制法対応

  • 人事/労務

  • ビザ/永住権

  • 破産/事業再生

  • 税務/節税

  • フランチャイズ

  • ライセンシング

  • 販売/代理店契約

  • 契約交渉/作成

  • クレーム処理

  • 営業秘密

  • 知的財産

  • 国際訴訟

  • 海外訴訟の阻止/妨害

  • 海外債権回収

夜間・週末の相談にも対応

業務分野(個人向けの参考例)

日本人社会の皆さんが、ご家族と安心して生活できる様に、
【マチ弁】としてサポートしております。

        • 相続問題|日本での不公平な遺産分割、海外の相続財産など 

        • 長期介護|資産を家族に相続させるためのメディケイド・プランニング

        • 強制的な入院|認知症・うつ病・心の病気が理由の緊急措置入院 

        • 海外での子育て|海外で親が亡くなったり、大怪我をしても、子供を守り続けるための遺言・信託・委任状・後見人など

        • ハーグ条約と親権|子供のための帰国計画、誘拐の防止、子供の返還など

  • 相続/遺言/信託

  • 介護/強制入院

  • 資産管理/継承

  • 争族/遺産分割訴訟

  • 安楽死/尊厳死
  • 不動産/商業リース

  • 隣人/大家問題

  • 職場問題/差別/報復

  • 国際/駐在員離婚

  • 親権/養育費

  • ハーグ条約|連れ去り

  • ハーグ条約|帰国

  • 家庭内暴力/児童虐待

  • 動物保護

  • ビザ/永住権

    /二重国籍

  • 刑事/逮捕/ビザ問題

  • 警察の暴力

  • 介護事故

  • デイケア事故

  • 医療事故

  • 交通事故

  • 転倒事故

  • 欠陥製品

  • 株主代表訴訟

  • 団体訴訟

  • ヘイトクライム

  • 生徒の懲戒/体罰

  • 学校でのいじめ/差別

  • セクハラ/パワハラ

  • 内部告発(賠償金)

無料相談のお問い合わせ

取り扱い案件

取り扱い案件一覧
  1. 職場での差別|損害賠償請求の時効、1年から3年に延長 (ニューヨーク州)。差別人事・ハラスメントは国…

  2. 入国拒否|米国人でも分かり易い説明文を持参すれば、入国審査もスムースに。入国審査官のレベルは低いが、…

  3. 教科書に従った契約内容の国際化ではなく、日本的な条項を見えない様に織り込むことで、本社も納得し、現地…

  4. 暗号資産が盗まれた場合、責任は業者?金融機関?利用者?利用者への補償は使用用途等で決まる場合もあるた…

  5. 海外取引|契約書の目的は『万が一の損切り』。取引相手(もしくは自社)が必ず契約違反をすることを前提に…

  6. サイバーインシデント|当局への報告義務が拡大する中、報告することが予期せぬ捜査・団体訴訟・損害賠償責…

  7. 事故|加害者であっても、損害賠償請求は可能。見え難い標識、整備されていない路面、自動車の欠陥、他の運…

  8. 盗聴・会話の録音|州・地域等で合法性は変わるが、目的・使い方によっては非常に有効な証拠収集の手段。

  9. 人身事故・交通事故|被害者に過失があっても、請求可能。怪我や損害の程度によっては請求が可能なだけでな…

  10. 海外事業からの撤退に伴う事後処理(事業売却の斡旋含む)など

交通事故・医療事故・介護事故・性犯罪・DV・ヘイトクライム等の示談・慰謝料・損害賠償請求

日本からの旅行者でも、不法滞在者であっても、被害者(自分)に過失があったとしても、
事故や犯罪の被害者として損害賠償を求める権利があります。

プライバシーを守るために、匿名で訴訟を進められる場合もあります。

交通・公共交通機関等での事故

  • 飲酒運転

  • 自動車事故

  • タクシー事故

  • 配送車事故

  • バス事故

  • 通園バス事故

  • 地下鉄事故

  • 清掃車事故

  • 自転車事故

  • パトカー/消防車事故

医療ミス

  • ガンの誤診/見落とし

  • 専門家への紹介拒否

  • 治療ミス

  • 麻酔の誤投与

  • 術後管理ミス

  • 新生児の後遺障害

  • 先天性障害児の出生

  • 死産/流産 

  • レントゲン誤読

  • 薬の誤処方/誤投与

介護/福祉施設・訪問介護等での事故

  • 虐待/性虐待

  • 介護放棄/放任

  • 医療放棄

  • 転倒/転落

  • 床ずれの発生/悪化

  • 誤嚥/誤飲/異食

  • 薬の誤処方/投与

  • 徘徊中の怪我

  • 溺水(入浴中の事故)

  • 身体拘束/薬漬け

公共施設・ホテル・店舗等での事故

  • 歩道不整備で転倒

  • 歩道の凍結で転倒

  • 破損した階段で転倒

  • 床濡れ転倒

  • 照明不足で転倒

  • エレベーター事故

  • エスカレーター事故

  • 公園での事故

  • ジムでの事故

  • 警備不足で犯罪被害

ドメスティックバイオレンス・児童虐待・暴行・ヘイトクライム等の犯罪

  • DV/家庭内暴力

  • ストーカー被害

  • 性犯罪(性別等不問)

  • リベンジポルノ   /ディープフェイク

  • ヘイトクライム

  • 医療従事者へのセクハラ/性犯罪/暴行

  • 接客担当者へのセクハラ/性犯罪/暴行

  • 職場でのセクハラ/性犯罪/パワハラ/暴行

  • 高齢者虐待

  • 児童虐待

無料相談のお問い合わせ

アーカンソー・アイオワ・アイダホ・アラスカ・アラバマ・アリゾナ・イリノイ・インディアナ・ウィスコンシン・ウェストバージニア・オクラホマ・オハイオ・オレゴン・カリフォルニア・カンザス・ケンタッキー・コネチカット・コロラド・サウスカロライナ・サウスダコタ・ジョージア・テキサス・テネシー・デラウェア・ニュージャージー・ニューハンプシャー・ニューメキシコ・ニューヨーク・ネバダ・ネブラスカ・ノースカロライナ・ノースダコタ・バージニア・バーモント・ハワイ・フロリダ・ペンシルベニア・マサチューセッツ・ミシガン・ミシシッピ・ミズーリ・ミネソタ・メイン・メリーランド・モンタナ・ユタ・ルイジアナ・ロードアイランド・ワイオミング・ワシントン・ューヨーク・ニューアーク・ロサンゼルス・ロングビーチ。サンタアナ・シカゴ・フィラデルフィア・マイアミ・ダラス・フォートワース・アーリントン・ボストン・ワシントン・デトロイト・ヒューストン・アトランタ・サンフランシスコ・オークランド・フェニックス・メサ・シアトル・サンディエゴ・ミネアポリス・セントポール・セントルイス・ボルチモア・タンパ・セントピーターズバーグ・デンバー-オーロラ・クリーブランド・ピッツバーグ・ポートランド・サンノゼ・リバーサイド・サンバーナーディーノ・シンシナティ・バージニアビーチ・サクラメン・カンザスシティ・サンアントニオ・ラスベガス・ミルウォーキー・インディアナポリス・プロビデンス・オーランド・コロンバス・ニューオーリンズ・バッファロー・メンフィス・オースティン・ブリッジポート・スタンフォード・ソルトレイクシティ・ジャクソンビル・ルイビル・ハートフォード・リッチモンド・シャーロット・ナッシュビル・オクラホマシティ・ツーソン・ホノルル・デイトン・ロチェスター・エルパソ・バーミングハム・オマハ・アルバカーキ・アレンタウン-ベスレヘム・スプリングフィールド・アクロン・サラソータ・ブレイデントン・オールバニ・タルサ・フレズノ・コンコード・ローリー・グランドラピッズ・ミッションビエホ・ニューヘイブン・マッカレン・トレド・バトンルージュ・コロラドスプリングス・ウースター・チャールストン・ノースチャールストン・ウィチタ・コロンビア・ノックスビル・オグデン・レイトン・ヤングスタウン・シラキュース・ベーカーズフィールド・パームベイ・メルボルン・スクラントン・デモイン・フリント・ハリスバーグ・リトルロック・ポキプシー・ニューバーグ・チャタヌーガ・オックスナード・オーガスタ・リッチモンド・ケープコーラル・マディソン・ペンサコーラ・ランカスター・モービル・ストックトン・モデスト・リノ・プロボ・オレム・グリーンビル・ランシング・デントン・ルイスビル・ウィンストン・セーラム・コーパスクリスティ・ジャクソン・ダーラム・フォートウェイン・サンタローザ・アナーバー・サウスベンド・ファイエットビル・シュリーブポート・ボイシ・ポートセントルーシー・ダベンポート・ロックフォード・トレントン・グリーンズボロ・カントン・パームデール・デイトナビーチ・レキシントン・アトランティックシティ